高校中退の現実

高校中退の現実2

現在は97パーセント以上の人が高校に進学し、更にその98パーセント以上が卒業しているのですから、まさか目の前の子が高校中退者だとは夢にも思わないでしょう。
よほど「本当にこの子は高校を出たのか?」と疑われるような言動をしない限りは、高卒と書いて学歴を詐称した履歴書でも通ってしまいます。
もちろんそれは詐欺であり犯罪ですから、決してやってはいけないことです。
しかし、現実、自分を守るためにしてしまう人も少なくないと見られます。

どうしても、現実社会では学歴が判断材料とされますし、それが1つの基準となっていることは否定できません。
また、本人の事情ではなく、家庭の事情によって、仕方なく高校を中退することになったという場合もあるでしょう。
その後もずっと、“家庭の事情”で人生を渡り歩くことができれば話は簡単ですが、現実は大変厳しいのです。

もしもこれからでも高校を卒業したい、高校卒業者と同等に扱われたい、と思ったら、解決の道はいろいろとあります。
 是非、あなたの新しい人生をこのサイトで見つけて下さい!


Copyright (c) 高校中退の年収と給料.